ビタミンC誘導体配合の化粧水の効果|酸素と結合して変質

刺激に弱い肌のためのケア

スキンケア

成分をチェックする方法

敏感肌の人は化粧水選びにも気を使います。安全にケアを行うためには全ての成分に目を通す必要がありますが、その時には上に書かれているものほど多く含まれるということを覚えておかなければなりません。つまり、影響が高いのは上の方に記載されている成分であり、その中に刺激となる成分が含まれていれば敏感肌には負担になる可能性があります。ただし、含まれているのが1パーセント以下という微量なら、刺激成分であっても問題になりません。影響が大きいのは高濃度で含まれる成分であり、化粧水の一段目に書かれている成分には注意が必要です。敏感肌の人の難しいところは、通常なら美肌作りに最適だと言われているビタミンCのような成分であってもリスクがあるということです。

日々のケアには工夫が大事

敏感肌の人は慎重に化粧水選びをするだけでなく、ケア方法を見直すことも重要です。刺激となるのは化粧水や乳液でのケアだけでなく、洗顔も同様です。洗顔時の注意事項として、ぬるま湯で洗うことが大切です。お風呂で洗うとついつい熱いお湯を使用してしまいがちですが、熱いお湯は負担がかかります。また、洗顔剤は肌に優しいタイプを利用します。必要な油分まで奪ってしまうような洗顔剤はバリア機能の低下を招きますし、角質も必要以上に奪い過ぎてしまいます。お勧めは固形タイプの石鹸であり、不純物があまり含まれていませんので負担を減らしながら余分な皮脂や汚れだけを取り除くことができます。優しく洗えば肌体力の回復につながります。