ビタミンC誘導体配合の化粧水の効果|エイジングケアに最適です

本来のまつげを長くする

鏡を見る女の人

まつげは濃く長い方が印象的なので、まつげ美容液を使用して伸ばすようにします。商品の購入には、口コミを参考にします。まつげ美容液は、毛穴に直接働きかけて本来よりも長いまつげが生えてくるようにします。

もっと読む

刺激に弱い肌のためのケア

スキンケア

敏感肌の人は化粧水の成分チェックが大切ですが、その際上の方に記載されている成分ほど高濃度であり、一段目の成分には注意が必要です。肌に刺激となるのは化粧水や乳液だけでなく、洗顔も同様です。洗う時のお湯の温度に気を付けたり、角質や油分を奪い過ぎないものを利用します。

もっと読む

保湿効果が高い成分

コスメティック

セラミド化粧水は、保湿効果を高めるためにもヒト型セラミドが含まれたもので配合量がなるべく多いものを中心に選ぶようにすることが大切になります。使い続けていくことで、肌に水分を与えて潤いをもたらすと言えます。

もっと読む

ビタミンCを浸透しやすく

コスメティック

様々な肌トラブルを予防

ビタミンC誘導体とは、肌に浸透しやすいように加工されたビタミンCのことです。そして、肌の美白ケアや引き締めに使われている化粧水の多くに、これが配合されています。なぜならビタミンCには、シミやくすみ、たるみやシワを防ぐ力があるからです。具体的にはビタミンCを肌に与えると、シミやくすみの原因となる活性酸素が、除去されやすくなるのです。さらにたるみやシワの原因はコラーゲン不足にあることが多いのですが、ビタミンCを与えることで、肌ではコラーゲンの生成が促されます。このようにビタミンCは、様々な肌トラブルを予防できる成分なのです。そのためそれを肌にしっかりと浸透させることができるビタミンC誘導体が、多くの化粧水に配合されているわけです。

酸素と結合して変質

なぜビタミンC誘導体にすることで、ビタミンCが浸透しやすくなるのかというと、直接空気に触れることがなくなるからです。ビタミンCは、空気に触れると酸素と結合することで変質します。その状態で肌に与えても、上記のような効果は十分には発揮されないのです。しかしビタミンC誘導体なら、空気に触れても変質することがありません。それでいて、化粧水によって肌に浸透させると、肌の内部で酵素分解され、純粋なビタミンCとなります。化粧水は、容器の大きさにもよりますが、開封後に1ヶ月ほどかけて使い切るということが多いです。そのため、ビタミンCがそのまま配合されていたのでは、開封後にビタミンCがどんどん変質してしまいます。ところがビタミンC誘導体なら、その心配がありません。開封後、日数がある程度経過しても、ビタミンCを問題なく肌に届けることができるのです。